ホームページ制作 神戸・大阪・明石・姫路・加古川のフリーランス WEBデザイナー

ホームページ制作 神戸・大阪・明石・姫路・加古川 Far East Style ファーイーストスタイル

お見積は無料です。
お気軽にご相談・ご連絡ください。

お問い合わせフォーム

ブログ blog


レスポンシブデザインのメリット、デメリット

レスポンシブデザイン

Googleがレスポンシブデザインを推奨してから、レスポンシブデザイン対応のサイトが増え、自分もこの手法で制作する機会が多くなったので、再確認も含めて良いところと悪いところをまとめてみました。

[ メリット ]

・ワンソース

1つのhtmlを更新すれば、全デバイスの表示に対応でき、更新作業(メンテナンス)が楽になる。また、URLをディバイス毎で分けずに統一できる。


・デザインの統一性

デザインが統一されるので、どのディバイスで閲覧してもサイトイメージに一貫性がでる。


・ディバイス毎のサーバー設定がいらない。

CSSでデザインを変えているのでユーザーエージェント判別をサーバで設定しなくて済む。


・FacebookやTwitterなどのSNSに有効

スマフォを使用してのSNSの閲覧が多いので、投稿されたリンクから来たユーザーに対して、スマフォに最適化されたページを表示できる。

[ デメリット ]

・表示時間に影響がでる可能性がある。

PCサイト向けの、容量の大きな画像などもダウンロードするので、表示に時間がかかる場合がある


・細かいデザイン、サイト構造

PCサイトがペースになるので、デバイス(スマフォ、タブレットなど)ごとの細かいデザイン調整が難しくなる。

[ スマフォ表示時の便利なCSS設定 ]

・改行br要素にdisplay:noneを指定

・折り返したくない単語にdisplay:inline-blockを指定

PCサイトとスマフォサイトではサイト閲覧時の目的が違う場合があるので、理想を言えば、PCサイトとスマートフォンサイトは分けて作ったほうがベストだが、クライアントの要望などでさまざま条件が出てくるので、ケースバイケースで柔軟に対応していくべきだと思う。


pagetop